読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタッフォードシャー・ブル・テリアとカモメ

米国Googleは5月18お日様(現場スパン)、年次クリエイター会合「Google I/O 2016」で、家庭用響助っ人パソコン「Google Home」を発表した。年内提示の算段です。売値は依然として発表されていない。

サンダー・ピチャイCEOが傾向おしゃべりで「こういう分野を構築したのはAmazonの組織です」と認めたように、Google Homeは米国Amazon.comが2014階層に米国で売り出しした響助っ人からくり有スピーカー「Amazon Echo」と競合するものだ。

 天面が斜めにスライスされた筒のような形のガジェットで、マイクとスピーカーを備え、BluetoothWi-Fiで接続する。天面にはLED灯火があり、指示を受信したときなどに点滅する。

 Androidパソコンの「Google Now」のからくりと、「Chromecast」のからくりを併せ持つ。また、Alphabet傘下のNestのIoT代物と連係する家電の総括も可能だ。

 例えば、「良好 Google」と呼び掛けて気候予報を聞いたり、広間の明かりを擦り込みたり、Uberで配車を手配したり、花を請求したり見込める。

ChromecastのようにAndroidあるいはiOSパソコンのBGMを転送してスピーカーで流せる。対応するテレビにコネクトすれば、Chromecast同様に音声も転送して大ウィンドウで視聴できる。もっと、スピーカーは他のコネスピーカーとコネクトして「集まりスピーカー」にできるので、家中のスピーカーでおんなじBGMを流すことも見込める。

Amazon Echoには薄い強みは、AIとエクササイズマシーン育成できたえられたGoogle調べの能力と、Googleの他のアシストと連係やる項目です。Google HomeはGoogleアカウントでログインやる人々のスケジュールやTELを把握しているので、Google Nowと同様にコンテキストに沿った虎の巻や方針を提供してくれる。試用音声では、フライト日にちを確認し、搭乗するエアーの延滞が分かったらその場で夕ごはんの確約のスパンを半遅らせるという統率を全品響で命令する時が紹介された。

 連係講じるサード集団として紹介されたのは、配車アシストのUberや食堂指定アシストのOpenTable、インターネットラジオのTuneIn、切符指定のTicketmaster、メッセージングのWhatsAppなど。いずれ拡大していくとやる。

売り出し状況は「年内」としか発表されていない。専属webにシグナルアップすれば続報をメイルで得られる。
クラゲのように